パチンコ、パチスロ業界ニュース

『時給1万円オンラインカジノ攻略法日本』

メイドインアビス スロット 評価

投稿日:

北電子は1月24日、パチスロ新台「キングクリエーター30」(型式名:Sキングクリエーター SK-30)の販売を発表した。1994年に導入された「クリエーター7」から約30年経った今、久しぶりのシリーズ機が登場するのだ。

キングクリエーター30_筐体

©KITA DENSHI

設定 BB確率 RB確率 合算確率 出玉率
1 1/259.0 1/474.9 1/167.6 97.2%
2 1/256.0 1/442.8 1/162.2 98.6%
3 1/248.2 1/414.8 1/155.3 100.5%
4 1/237.4 1/381.0 1/146.3 103.2%
5 1/226.8 1/346.8 1/137.1 106.0%
6 1/217.0 1/321.3 1/129.5 109.0%

※独自調査値

知らない人のために簡単に説明しておくと、初代は北電子が初めて告知機能を使用した4号機で、「ジャグラー」の原型と言っていい。文字は「GOGO!」ではなく「BONUS CHANCE」だが、共通の位置にあるランプが点灯すればボーナス確定となる完全告知のノーマルAタイプだった。本機は上部パネルにある「ドル袋」が光ればボーナス確定なのだが、中央の窓枠内で光る「CENTER MODE」、その左右が光る「SIDE MODE」、どちらが光るかわからない「RANDOM MODE」をPUSHボタンで選択できる。さらに、プレミアムも用意されており、「ブラックアウト」や「ユニコーンフリーズ」などはインパクト抜群。もちろん、BB濃厚となっている。

初代と異なるのは告知タイミング。初代は後告知だけだったが、本機では当該ゲームの先告知が約70%、後告知が約4%、その他は次ゲームの先告知となっている。しかも、小役との同時当選や、通常時のドル袋揃いなどもあり、完全先告知ではないからこそ、出目も十分に楽しめる。

ボーナス確率に関しては、スペック表の通りBB確率が高いことが特徴。6号機のどのジャグラーよりも、設定6の確率が高くなっているのだ(ジャグラーの最高値が「ファンキージャグラー2」の1/219.9に対し、本機は1/217.0)。それでいてBBの獲得枚数は約252枚、RBは約100枚と、全く引けを取らない。

本機ではノスタルジックサウンドが搭載されており、ボーナス後1GでBBに当選した際は「初代BGM」が、100G以内の末尾0Gならクラシック曲「草競馬」または「新世界より」が流れる。55Gまたは特定演出からのBBなら「ノクターン」だ。オールドファンなら、古き良き時代のパチスロを思い出し、懐かしくなること請け合いだ。

導入開始は3月4日を予定している。

-新台
-, , ,

Copyright© 『時給1万円オンラインカジノ攻略法日本』 , 2024 All Rights Reserved.